スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.9.11
昨夜、鳴門にいかれた方お疲れ様でした。
ぼくは、都合がつかず、欠席でした。

まぁでも、あの場所で僕の疑問や質問は、
大きな意味では『ヴォルティスの話』ですが、
昨夜の議題ではないかな?と・・・


今シーズン終わりには、色々まとめて話し合えるようにしておこう。


ただ、鈴木前Jリーグチェアマンの2004年ホームタウンサミットでの
『ボランティアは、クラブとサポーターの間をやさしく繋ぐ』
このフレーズが、僕の道標である事には変わりは無く、
今回の件では、お役に立てるようなトコロに至っていないのが、非常に歯痒くある。
僕個人、そしてまだ組織とは言えないボラが、今後こういう時に
優しく繋ぐ役目が出来るかどうか・・・
まぁ、分かりませんがwww出来る事からやっていきますわ。


にしても、ホーム開幕戦で仙台のボラの方と交流会をした時、
『サポーターと協力して、チーム・選手だけじゃなく、フロントも育てなきゃだめよ!』
という言葉をいただき、感銘していたけど、
今回の件・チームの現状など、色々考えてて思い至った。
つうか、僕なりの解釈ができたw


つまり『強い想いがある人を増やしなさい』と言うことなんだと。


チームに徳島ヴォルティスに『強い想い』がある人を・・・
フロントに徳島ヴォルティスに『強い想い』がある人を・・・


『強い想い』があれば、おのずと言動にも違いが見えてくるだろう。
そして、そういう言動こそが、周囲の人や物を巻き込めるパワーに変わるんじゃないんかな?
それこそ、ウチらの名前に相応しい姿やと思う。
改めて想うわ。『VORTISってエエ名前やな!』
スポンサーサイト

テーマ:徳島ヴォルティス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。