スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ何も成し遂げてないけど
久しぶりの更新です。
春にあの震災があり、圧縮されたスケジュールの中、
個人的には、東北の仲間の顔を思い浮かべたら、
まだまだ、通常通りにサッカーを楽しめない部分も有ったりするんですが・・・
 
そんな、慌しさと焦燥感ある今シーズンも残すは、後一月余り。
 
先日のフクアリでの千葉とのアウェイ戦をTV観戦してて、
『これが、昇格を掛けてるって事なんだなぁ~』と感じました。 
そこで戦っている選手やサポーターの皆を見て、
まだ、何も成し遂げていないくせに、色々と想いがめぐって、なんだか少し泣けまして・・・w
 
今、徳島に関係のある人で
『徳島をプロスポーツクラブ中心の街にしたい!』
なんて思ってる人が、どれくらい居るのかは分らないけど、
フクアリに居たみんなはモチロン、PVの鳴門のみんな
TVの前で悶絶してたみんな、携帯で試合経過をチェックしまくってたみんなに、
『なぁ、徳島が、ヴォルティス中心の街になって盛り上がったらエエと思わんで?』って誰に話しても、恥ずかしくないし、この会話できっと盛り上がれると思う。
 
改めて、大塚時代からそんなことを勉強してた当時のサポーターを凄いと思うし、
そういう人達にスタジアムで、見つけてもらった僕は、ホントラッキーだと思う。
 
 
まだまだ、先は長い話しだけど、
その途中の大きな一歩(ジャンプ?)を上手く着地できるか!
勝負の11月!
まずは日曜日、僕らの力を愛媛に見せて、別れの餞別を貰いましょう!!!
スポンサーサイト

テーマ:徳島ヴォルティス - ジャンル:スポーツ

ユアスタへ届け!
前回、書いた仙台への支援物資の件↓ですが、
http://www.vegalta.co.jp/contents/news/press_release/2011/03/post-539.html
サポートスタッフの仲間からの賛同をいただいて、
昨日、発送できました。
 
ただ、残念で申し訳なかったのが、
サポーターの皆さんに声を掛ける余裕が無く、発送する事になった点。
例えば、愛媛とのテストマッチ前に告知して、クラブに了解を得た上で、
ポカスタで物資を集めるとか(大宮はこういうカタチだったようです)、
もう少し、早く準備しておけば良かったなと・・・
フットワークを良くしないといけないナ・・・
 
ただ、そんな段取りの悪い中、ボクの予想より多くの協力をしていただき、
サポートスタッフの皆には、ほんま感謝です。
 
V_m.jpg
 
また機会が、あれば、今度は、もうちょっと上手くやろうと思ってますので、
その時は、皆様よろしくおねがいします。
 
teamasone_m1.jpg

テーマ:ヴォルティス サポートスタッフ - ジャンル:スポーツ

仙台通信 20110324
今日の午後、少し落ち着いたかな?と思い、
仙台のボランティアさんに電話をかけてみました。
 
仙台市内では、店舗も営業しているようで、意外と物資も手に入るそうですが、
少し離れた避難所や僻地へは、やはり充分じゃないような情報もあるようです。
ただ、ガソリン(燃料)の調達には、苦慮しているそうで、
コレがクリアできれば、かなりストレスは無くなる印象を受けました。
 
仙台ボラのみなさんは、お互いに安否確認の連絡してされているみたいですが、
今のところ、ボランティアさんでの組織だった動きは、まだ無いようです。
曰く「まだ、みんな自分のことで精一杯」
そりゃ、そうだよなぁ・・・
  
それで、↑のような状況では、まぁ、アレだなぁ・・・とは思いつつ
『何か、必要な物資ありますか?送りますから!』という話になったんですが、
ガソリンは、送れないし・・・となりました。
 
しかし、ベガルタのサポーターさん有志の方々で、
物資の募集⇒仕分けをしていただける事が分かったので、
少し、仲間と相談して、ソチラに物資を送る方向で考えています。
コチラから↓ ※品目も指定してくれている。
http://www.vegalta.co.jp/contents/news/press_release/2011/03/post-539.html 
 
というわけで、声が聴けて良かった。 
 
teamasone_m1.jpg

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-
この度の震災に際し、被災された皆様に
心からお見舞い申し上げます。
 
teamasone_m1.jpg

 
今回の被災地域にある、Jクラブにも
僕らと同じようにボランティアの皆さんが居ます。
 
個人的には、
水戸の皆さんには、クラブと共にある"覚悟"と"楽しみ方"を教わりました。
 
オリ10でボランティアを通じても、地域密着を成功させた鹿島の皆さんには、
いつも「会って、色々お話してみたいなぁ・・・」と想いを抱いています。
 
そして、仙台のボランティアさんとの出会いのおかげで、
全国のボランティアの仲間と知り合え、
色んな情報や取組みを教えていただくことで
モチベーションを保つことが出来、ここまで続けてこられた・・・
ある意味、ボクの原点な訳です。
もちろんJのボランティアを引っ張っている存在で、
物凄いパワーを持った方々ばかりです。
 
だから、信じています。
いや、確信しています。
また、スタジアムに笑顔と歓声で溢れる日が来ると!
そして、一日も早く会いたい・・・
 
ボクも出来る事をやっていきます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。